エアコンクリーニングを梅雨時期に行うべき理由

2021.05.20

夏に大活躍のエアコンですが、それ以外のシーズンは放ったらかしにしていませんか?
「あまり使っていないから、そんなによごれていない!」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、実はエアコン内部にはほこりや汚れが蓄積しています。
そのため、エアコンの使用頻度が高くなる前にクリーニングを行い、エアコンをキレイにする必要があります。
そして、梅雨の時期である6月は、エアコンクリーニングを行うに最適なタイミング。
そこで今回は、エアコンクリーニングを梅雨時期に行うべき理由について解説いたします。

■カビが繁殖しやすい
エアコンを稼働すると、イヤなニオイがすることありませんか?
このイヤなニオイの原因は「カビ」です。
カビは湿度60%以上で発生し、80%を超えると急激に繁殖し始めます。
そのため、湿気の多い梅雨はカビが繁殖しやすい時期と言えます。
エアコン内部のカビの繁殖を防ぐためにも、梅雨時期にエアコンクリーニングを行うことをおすすめします。

■余計な出費を抑える
梅雨が開けて、夏本番になれば、エアコンのクリーニング業者も繁忙期に差し掛かります。
業者によっては、予約が取りにくかったり、他の時期よりもクリーニング費用が高くなったりします。
同じクリーニング内容なのに、余計に費用がかかるなんてもったいないですよね?
余計な費用を抑えるためにも、エアコンクリーニングは夏がはじまる前に済ませてしまいましょう。

■まとめ
今回は、エアコンクリーニングを梅雨時期に行うべき理由についてご紹介いたしました。
梅雨の時期である6月は、エアコンクリーニングを行う最適なタイミングと言えます。
夏に快適な暮らしを送るためにも、早いうちにエアコンクリーニングを行うように心がけましょう。

PAGE
TOP